普段と異なる症状に気づいたら検査、治療しよう

眠れない病気

不眠症とはどんなものなのか

日本人はまじめで一生懸命なことからストレスがたまりやすく、不眠症になってしまう人が多くいます。不眠症の症状は、寝付けない、何回も目が覚める、早く起きてしまいそのあとは眠れない、睡眠時間のわりに熟睡した感じが得られないなどがあげられます。かなり厄介なものですが、これは薬でなおすことができます。昔は、病院に行き、きちんと診断してもらってから処方されるものでしたが、今では市販薬も出ており、どこでも買えるようなものになっています。価格はものによりますが、一般的に10錠で1000円というものが多いです。しかし、市販薬は医師から処方される薬より強くなく、長期間使うと割高なので、不眠症だと感じたら、少なくとも一回は病院に行って、みてもらうことをお勧めします。

医師から処方される薬はなぜ安いのか

不眠症は18世紀ごろから、病気の症状として捉えられ19世紀がごろから睡眠薬が治療に使われるようになりました。その当時は有効的な薬の種類も少なくその薬の成分の希少価値が高かったため、薬の値段は今より高かったそうです。今では薬の種類も多く、生産方法も昔と比べ変わり、生産量が増えたので、価格は安くなりました。また、ジェネリック医薬品というものが存在することも薬が安くなった理由の一つです。ジェネリック医薬品とは、その薬の特許期間が切れて、他のメーカーが同成分で薬が作れるシステムです。元々の薬に含まれていた開発費などの費用をなくすことで、その薬を安くすることができます。今では処方時に選ぶことができるので、薬をもらう機会があったら薬剤師さんに聞いてみてください。 薬は、短期間使うもので、症状が軽いときは市販薬を使い、長期間使うもの、または症状はひどいときは病院に行き、医師にみてもらって、薬を処方してもらうことをお勧めします。