普段と異なる症状に気づいたら検査、治療しよう

目の病気には

日常生活の中で出来る飛蚊症対策があるのです

加齢やストレスなどが原因となり起こるのが飛蚊症です。背景に特定の病気が関わっていない場合には、この飛蚊症は日常生活の中でも一定の対処が出来ます。例えば、目の機能を高めるサプリメントなどを摂る方法です。飛蚊症の発症には活性酸素が大きく関わっています。そのため、こうした活性酸素を除去する働きのある抗酸化成分を意識して摂るという方法が有効と考えられるのです。目に良いとされるルテインのサプリメントなどが例えば上げられるでしょう。その他、目のストレスを緩和する指圧や体操も役に立ちます。このような方法を日々取り入れることで、症状の改善や今後の発症をある程度抑えることが出来るのです。飛蚊症は紫外線の害によっても起こります。ですので、サングラスなどを身に付けるのも一つの方法です。

レーザーによる治療も試みられています

飛蚊症は、他の目の病気のように薬による治療が出来ません。眼科の検査で特に他の病気が無いということが分かれば、後は様子を見ながら症状の改善をはかることになります。ですが、日常の視界に影響を与える飛蚊症は生活の質にも時に大きな影響を与えることがあるのです。こうした場合に、現在ではレーザーによる飛蚊症の治療が試みられています。レーザーの光を当てることで、原因となっている硝子体の濁りを散らしてしまうのです。現在このような治療法を行う医療機関は限られており、健康保険も適用されていません。ですが、不快な症状が改善出来るとして関心を持つ方も増えているのです。治療を行う上では幾つか条件が設けられており、事前に医師の診察や検査が必要になります。