普段と異なる症状に気づいたら検査、治療しよう

聞こえにくくなる

ある日突然耳が聞こえなくなる病気のことを突発性難聴といいます。内耳の蝸牛に障害が生じて起こるとされていますが、その原因は不明です。 難聴とともに、めまいや吐き気、嘔吐なども起こることがあります。めまいの症状があれば、日常の生活に支障をきたしてしまいます。 突発性難聴は、いきなり耳が聞こえなくなるので、徐々に聞こえなくなったというものとは違います。 突発性難聴になった場合は、すぐに耳鼻咽喉科に行きます。病院に行くのを遅らせてしまうと治りがそれだけ遅くなってしまいます。 少なくとも2週間以内に行くようにすることです。 耳鼻咽喉科では、X線検査と純音聴力検査をします。副腎皮質ステロイドやビタミンなどの薬を併用して治療します。

突発性難聴は、いきなり耳が聞こえなくなる病気です。昨日まで普通に聞こえていたのに起きたら耳が聞こえなくなっていたという場合もあります。 突発性難聴かなと思ったら、すぐ耳鼻咽喉科に行くことです。そのまま放置しておくことは危険です。一か月経ってからでは回復が難しくなるといわれています。 片耳だけ聞こえなくなることが多いです。比較的女性に多い病気と言われていますが、男性でも起こることがあります。 最近は、多くの芸能人が突発性難聴だったと告白することが多くなりました。それにより、この病気のことがよく知られるようになりました。受診者も多くなっている傾向があります。 経度の場合は、通院と薬の服用で普通の日常生活をすることができるので、すぐ耳鼻咽喉科に行くことが治療の早道です。